mammychangの日記

☆今日のお弁当☆今日のわんこ☆兼業主婦のつぶやき日記

【スポンサーリンク】

合唱コンクール 〜 思い出す幼少期 〜

【スポンサーリンク】

こんにちは。mammychang です✋

 

今日は長男の合唱コンクールがありました。

 

高校3年生は合唱コンクールを行わないので、2年生の長男は今回が最後の合唱コンクールです。

 

中学生の頃から合唱コンクールでは伴奏を担当してきました。

中学3年生の時に一度だけ伴奏者賞を頂いた事もあり、高校でも2年間 伴奏をしました。

 

ピアノの音色を聴いて思い出される幼少期。

 

長男の初めての習い事として始めたのがエレクトーンの幼児教室でした。

クラスに5〜6人生徒がいて、鍵盤や歌、譜読みなどを含めた50分ほどのレッスンです。

 

始めた理由は、ズバリ落ち着きがなかったから。

今思えば、幼児がじっとしているのもどーかな?と思うのですが、男兄弟もいない私は初めての男の子の 子育てに四苦八苦だったのだと思います。

 

理由はともあれ、結果オーライでした。

 

何にでも好奇心があった為 レッスンに通う事も楽しみのようでした。

譜読みは女の子に比べるとなかなか身につかなかったのですが、演奏はとても好きになったようです。

 

そんな幼児教室のレッスンを経て、小学生になるとエレクトーンの他にピアノの練習も始まりました。

そして、小学2年生になる頃 幼児教室からの講師の方が教室を辞める事になり、集団のレッスンから個人レッスンへ変更する事になりました。

 

個人レッスンは完全にピアノ科になるので、今までのレッスンとは異なり完全なる譜読み。

幼児教室からのレッスンでは聴いた音を弾くような事もあったので、譜読みを苦手とする長男にはピアノ科はあまり進むものではなくなっていたのかもしれません。

 

その頃には他の習い事も始め、そちらにすっかりハマってしまった長男はその辺りからあまりピアノの練習をしなくなりました。

というより、あまり時間が取れなくなったのかもしれません。

 

楽譜もあまり進まないので、スキルも上がりませんが、細々と中学1年生まで続けました。

さすがに中学生にもなると、部活と塾等でレッスンすら行けない日が続いたので、そろそろ区切りだなと思い退会しました。

 

レッスンを辞めても伴奏をする姿を見ると、細々でも続けた甲斐があったなぁと思います。

 

私は趣味も特技もない、何にもない人なので、せめて子どもには何か特技と言えるものがあれば自分をアピールする武器になるかもしれないと思い、細々でも続ける事に意義があるんだ!と思って続けさせた9年間。

 

辞めた後もたまに部屋で弾いている姿をみるとなんだか嬉しくなります。

 

そして今回でグランドピアノを弾く長男の姿はもう見る事ないかもなぁと思うと少し寂しくもあります。

 

上手い下手ではなく、母はあなたの奏でる音色が大好きです。

力強いタッチも柔らかな音も母はあなたのピアノが1番です。

f:id:mammychang:20190208232554j:image

だから この先もたまに弾いて聴かせてね〜♪

 

普段というか、小さい頃から褒めずに育てちゃったけど...自慢の息子。

自分で言うのも何だけど(笑)

良い子に育ったと思うんだけどな♪

 

ではまた🤚

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

 

【スポンサーリンク】